So-net無料ブログ作成
検索選択
ソニーストア
アンプ ブログトップ

STR-DN1040買いました☆ [アンプ]

STR-DN1040open.jpg

マルチチャンネルインテグレートアンプ
STR-DN1040 購入。

http://www.sony.jp/audio/products/STR-DN1040/

仕事場のAVアンプがもう10年以上選手で
デジタルサラウンドに対応していなかったけど
やっとHDMI接続できることに。

スピーカー類はそのまま接続。
壁前方上方につけてあった 2.1アクティブスピーカーを
サラウンドハイ用に。
7.1CHにしてみました。

この値段で(地元家電量販店で約45K。即持ち帰り出来た)
これだけのAVアンプが買えるのは
とてもお得な感じです。(もちろんアジア製)

お約束の自動音場補正もいたれりつくせりで簡単。
AirPlay対応でMacのiTunesの再生も楽です。
(認識にコツが要りますが たいした手間ではない)

買う前に懸念していた
「電源OFF時の HDMI信号スルー」も
設定画面で簡単に選べました。
アンプを使わない時には
普通にブルーレイテレビの操作が可能です。
(他メーカー同士では判らないけど(笑))

音的には 一般的には十分ではないか、と。
サラウンドはわかりやすく「どうだーー!」って
音で鳴らしてきますが その辺は調整次第かな。
まだ使い込んでないけど、おいおいで。

基本的に「買い!」です。
手軽に本格的に(矛盾してるな(笑))
サラウンドを楽しみたい方は考慮をお勧めします。


現状の気になるところとしては・・

正面むかって左側に
デカいパワートランスが収まっているので
重心はかなり左側に寄っています。片足立ちのよう。
マスターボリューム辺りを押すと
右側が奥に引っ込みやすいです。

セレクター類は 表示が小さくてオシャレなのですが
おじさんには読みづらい(汗)。

あとマスターボリュームはプラの安物感さくれつ!
この辺は昔のアンプのように「重み」が欲しいなぁ…
と、思うのも昭和のオーディオ体験者としては
しみじみ思いました(笑)。



タグ:AVアンプ
nice!(1) 

プリメインアンプ TA-F5000 [アンプ]

TA-F5000.JPG

話が前後してややこしいのですが
私の4代目のメインアンプとして使っていたのが
この TA-F5000 です。

小型ながら贅沢な作りで今でもファンの多いアンプですね。
相棒の CDP-X5000との組み合わせで
今で言うところの「ハイコンポ」のラインナップとして
大人の鑑賞に堪えうるシステムを構築していました。

実のところ 発売当時はあまりピン!と来ませんでした。
オーディオから遠ざかっていた時期でもあったし
「しょせん、コンポでしょ?」となめていたし、
その割りに値段も高いし(笑)。


購入したのは 発売されてずいぶん経ってからです。
きっかけの元のひとつは キットの真空管アンプを組み立てた事。
初めての真空管アンプが思いの外良くてー
それこそ「味わい的」には 3台目アンプの
TA-F555ESXより 好みでしばらくハマっていました。

そうすると CDプレーヤーも「もっと進化しているじゃないか?」と思い
友人(占い師の女性)の彼氏が「CDP-X3000が値段のわりに良いですよ!」と
教えてくれたので ヨドバシで購入!
たしかに スゴク良かった!
「このXシリーズの出来は良いのでは?」と思っていたところに
偶然立ち寄った(まぁ、しょっちゅう電気屋周りしてますが(笑))
近所のケーズデンキで 「TA-F5000 在庫品 半額!」が!
これはもう 私のためでしょ!ということで すかさず購入したわけです。


もう、大満足です! 例の真空管アンプのFB臭さ(?)が
気になってきた事もあり メインアンプに即昇進☆
この時、使い始めは ものすごく「淡泊」だったのに
半日鳴らしていると 音がみるみる華やかになっていく
エージング効果を目の当たり(耳あたり?)にしました。
奥が深いぞ!オーディオ道楽(笑)。


そんな感じで SD05が来るまで
小さいながらも私のシステムの中心でがんばってくれました!
半額で買ったのが 申し訳ないくらい良いアンプです(笑)☆

(画像で上に乗っているのはCDP-X3000。X5000にしとけば良かったか(^^;))


プリメインアンプ TA-F5000
標準価格 120000円  1995年ころ発売


☆個人メモ UPSバッテリー交換 ☆
タグ:アンプ
nice!(0) 

SD05生産終了だそうです [アンプ]

サウンドデザイン製の フルデジタルピュアオーディオアンプ
SD05が パーツ在庫が無くなり次第生産を終了するそうです。
(情報が遅いですが 最近知りました(^^;))

現状、後継機種の生産予定もないそうで残念です。
ビートやS2000、NSXのような趣味性の強い車のように
好きな人にはたまらないけど 「誰でもどうぞ」と言うモノでは
ないんでしょうね、やはり。

私は 我が家の現状のシステム
SD05 + SS−AR2 + SCD−XA5400ES に
とっても満足していて
「これ以上 何が必要なんだ?」と言うくらい
十分な音を鳴らしてくれています。
(文句があるとすれば 5400のデザインとリモコンだな(笑))

サウンドデザインさんは とても親身に相談にのってくださりますので
SD05に興味のある方は 早めに相談してみたらいかがでしょう?

繰り返しますが 私はこのアンプを手に入れて
ホントにホントに本当に良かったと思っています!
(べつにやらせで宣伝しているわけではありませんよ(笑))

こういう ステキな製品は 残っていって欲しいなぁ〜。


有限会社サウンドデザインのHP
http://www1.cnc.jp/sounddesign/index.html
nice!(0) 

前略 石田様 [アンプ]

この度は 私のブログのことなどを
石田さんのブログサウンドデザイン日記で取りあげていただき
ありがとうございます。

もう、鳥肌がたつほど(表現としてあってるのか?(笑))
うれしいです!!

sd05in0904.JPG

石田さんの製作された サウンドデザインSD05は
まことに快調です!
毎夜(時間的には毎朝か(笑))
ステキなひとときを私に与えてくれています。

CDを聴くたびに あらたな音楽の発見を楽しめます。
絡んだ糸がほぐれていくように
細かい音、小さな音まで楽しめます。
SS−AR2ともうまく馴染んでくれていて
いままでさんざん聴いていた曲なのに さらに潜んでいた
コントラバスの響きやら、ハイハットのクリアな余韻なども
大変美しく奏でてくれています。

本当にこのシステムに出会えて良かったと思ってます!
ありがとうございました。

これからも石田さんのご活躍を影ながら応援しています。
楽しく健やかな幸せな時間を少しでも多くの人が持てますように☆




おぉ!これは貴重なウォークマン2の画像が!(^^)
ファウンダー盛田さん愛用機とは スゴ過ぎる!!
nice!(0) 

フルデジタルアンプ サウンドデザイン SD05 [アンプ]

200903AUDIO.JPG

新たなアンプを迎えてオーディオシステムが完成しました!

フルデジタルアンプ  サウンドデザイン SD05
これが新たなメンバーです!


「え? どこのアンプ?」というのが一般的な反応だと思います。
私も去年まで知りませんでした(苦笑)。
簡単に言うと ひとりの「匠」な技術者によって一つ一つ仕上げられる
注文生産のオーディオアンプです。
かといって真空管をハンダ付けしているようなイメージとは真逆の
中身は最新のフルデジタルアンプ。
CDから入力したデジタル信号を「デジタルのまま」増幅する
俗に言う「パワーD/Aコンバーター」のタイプです。
負帰還(NFB)を全くかけない 「生」の信号でスピーカーを駆動する…
デジタルオーディオデバイス「S−master」を使って
この方式を高級フルデジタルオーディオアンプとして製品化しているのは
ソニーのTA−DR1(今はマイチェンでaタイプに)と
この SD05だけです。(たぶん)

実はこのアンプを手がけたのは まさにソニーでDR1を開発したその人!
石田さんは長年ソニーでオーディオ機器の開発をされていて
DR1開発後、独立し その経験と知識を活かして 
理想のアンプ SD05を作られました。
石田さんが長年ソニーで開発したオーディオ機器は まさに私の憧れの品ばかり。
そんな 石田さんがアンプを作って販売されているのを知った
昨年夏頃たまたまネットで。(2005年に発売されていたのに(笑))
ずっと興味を持ち続けていて ついに導入を決心したのです。

長くなったので興味のある方は続きをどうぞ


nice!(0) 

SD05/179 [アンプ]

sd05179.JPG

昨日、あるモノを受け取りに行ってきました。
市内のとあるお宅です。
高校の時、毎日近くの駅を通っていたし、
バイトも近くのスーパーの電器売り場でしていたので
なかなか縁のある土地だなぁ。


「年男オーディオパワーアップキャンペーン」の
(いろんなキャンペーン中だな(^^;))
フィナーレをかざる 逸品です!


詳しいことはまた後日、原稿入稿後に(笑)!
(カテゴリーとナンバーで判る人はマニア?(笑))

タグ:SD05
nice!(0) 

プリメインアンプ TA-F555ESX [アンプ]

ta-f555esx.jpg
TA−F555ESX

重量級「G(ジブラルタル)シャーシ」のプリメインアンプ。
ツイン電源トランスなども使って その重量は26kg!
このアンプが12万円なんて いまではスゴく贅沢な気がします。
私がメインで使った 3代目のアンプでした。

86年の暮れだったと思いますが お金が貯まったので
アンプを買いに(今は無き)五井のラオックスに行きました。
狙いは TA−F333ESX。
555の下のアンプです。

定価で333は798。555は1280。結構違います!
そうお金に余裕もないので 安い方でいいや、と。
ちょうどお店に試聴機があったので 聴かせてもらいました。
もう なんの不満もなく 333で良いや、と・・・思ったのですが
「ついで」なので 横にあった555も鳴らしてみるとー
「全然違う!」。
音の厚み、鮮やかさ、余韻の美しさ等々 次元が違ったんです!
しばらく悩みましたが(値段の差で) もう後戻りは出来なくて
555を注文しました!
結果的には 聴いて、選んで良かったです☆
その後 長いこと 私の主力アンプとして元気に活躍してくれました。
ありがとう!F555ESX!
・・・途中で通電OKの緑のランプは切れましたが・・・(笑)

TA-F555ESX ¥128000 120×2W(8Ω) 1986/9/12発売


ka-7100d.jpg
こちらは 2代目アンプとして使っていた
(1台目は Listen−9の TA−1190ね)
TRIO KA−7100D。

なぜかこの時ソニーを選びませんでした。
5万円台の価格帯で各メーカー激しいバトルをしていた時。
「DCアンプ」というキャッチでこれを選んだはず。
これはこれで気に入っていました。シンプルなデザインとかも。
あ、若い人のために念のため言っておきますが
「TRIO」って今の「KENWOOD」です(笑)。
タグ:アンプ
nice!(1) 
アンプ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。