So-net無料ブログ作成
ソニーストア
デッキ ブログトップ

TC-PB5 [デッキ]

tcpb5.jpg

「PLAYBACK 1/2 DECK」 TC−PB5 です。

ご覧のとおり「再生専用」。
録音機能をカットしたので1/2デッキ・・・
そのまんまです(笑)。

でも、これ すごく重宝しました!
「家の中のウォークマン」(歩かないけど)として
録りためたテープを再生するのに便利だし、
当時ハマっていた「多重録音」の再生機として
フル稼働しました。
音も悪くなかったし、RMSは便利だったし。
時期的に「FX」シリーズのメカかな、と。
買って良かったです!

とは、いうものの 定価37800円。
もう少し出せば「録再」デッキが買える値段だったので
発売当初は食指が動かなかったのですが(貧乏学生なので)
ある日 DACで(あったなぁー、第一家庭電器オーディオセンターの略?)
約半額の 18000円で売っていたので飛びつきました。
(・・・と言うことはあまり売れなかったのかなぁ?(苦笑))
そろそろ疲れてきていた メインカセットデッキ
TC-5350SDの延命に協力してくれました(笑)。

うちのオーディオシステムから外れた その後も
パソコンにカセット音源取りこみ用として活躍。
完全に 元を取った機材でした♪


ステレオ・プレイバック・カセット・デッキ
TC−PB5 ¥37800  1981,8発売
タグ:デッキ
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TC-2850SD カセットデンスケtypeIII(スリー) [デッキ]

tc2850sd.JPG

カセットデンスケtypeIII(タイプスリー)。

おそらく 私が一番 愛用した(こき使った(笑))
ソニー製品だと思う。

中学1年の時、ステレオコンポと一緒に親に買ってもらって以来
学校にはもちろん(?)、生録(ナマロク)のため
5kg以上もある重たいこのデッキを連れ回したモノだ。

今はもう 引退して当時のまま オブジェとなっているが
結構 頑丈に動いてくれた。
コイツのおかげでオーディオの趣味にはまり込んでいった感じもする。
愛すべき「ソニー」である。


デンスケファンなら 画像を見て「?」と思う箇所が2つ(笑)。
(マニアなら「あ、そう使っているんだな」と思うはず(笑))

キャリングハンドルは 正規オプション品。
付属の肩掛けベルトではちょっとした取り回しに不便なので
外出時以外はよく使っていた。
重いボディをキチンと支えてくれた「逸品」だ。

もう一つの「?」は、そう! 録音ボリュームツマミが
後継機「TC-2860SD」のモノに変えてあるところ。
これも当時 オリジナルのツマミだと左右一緒に操作するのに
不便だったので ソニーのサービスステーションに注文して
購入したモノと付け替えて使っていた。
(120円くらいだったとおもう。)
デザイン的には メッキのオリジナルの方が良いのだけれど
使い勝手優先でコレに。
本当はフィンガーバー付きのパネルにも交換したかったけど
それをやっちゃうと「2860」ネームプレートになっちゃうからね、
初代カセットデンスケの意地なのだ!(笑)
濃緑色のメーターの方がかっこいいモン!(笑)

たしかに今考えると ボディに電源トランスまで内蔵する
必要はあったのか?カセットテープの音に心血注ぐ必要はあったのか?
そして、それをかついで大井川鉄道まで行った中学生の自分は
むしろすごいなと思ってしまう。
大変だったけど 今はもう楽しい思い出をたくさん作れて良かったなぁ♪

そんな「心のメカ」をありがとう!ソニー!


タグ:デンスケ
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
デッキ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。