So-net無料ブログ作成
検索選択
ソニーストア

お手元にラジオを☆ [ラジオ]

 まずは この度の「東北関東大震災(NHK呼称)」の被災者、関係者の皆様に
 心からお見舞い申し上げます。

 今回の大震災で傷つかない日本人はいないはず。
 みんなで力を合わせて復興に協力していきましょう。
 微力ではありますが 私も自分に出来る事をしっかりやっていきたいと思います。


icf-b-1.jpg

で、このブログ的には「やっぱりラジオは大事!」で。

手軽に電池で長い間情報を受けられるのは やっぱりラジオ☆
ケータイやインターネットの方が情報量は格段に多いですが
一方通行とはいえ 放送局さえ機能していれば強い味方になります!

ラジオ好きとしては(まぁハードの方ですが)
ラジオの有効性を再確認してもらえればうれしいな♪
アナログチューニングラジオは本当に省電力☆
一家に一台、いや一人一台 ラジオを!(笑)


で、逆に こんな時でないとラジオに関心を持たない人も
ラジオ買いまくりで 品薄!
まぁ、ラジオを求める事は良い事ではあるのですが
ソニーストアで あらゆるラジオが品切れなんて初めて見ましたよ(苦笑)。
あげくの果てには便乗して 高額で転売する輩も登場!
色んな意味で悲しいです。


画像は歴代「防災」ラジオ Bシリーズ。

デカイのが ICF-B100、単1,2,3&リチウム電池も使えるマルチバッテリー型。
横長は   ICF-B200、手回し充電&ブザー付き。
小さいのは ICF-B05、リチウム電池、ミニライト付き。
そして オレンジ色も眩しい ICF-B01。
どれも防滴設計。アナログチューニングで同調シグナルが赤く光るのが萌え!(笑)
ただし、この4機種は生産終了モデルです。
(もう1台ICF-B7 もあるけど 車の中に置いてます)

icf-b-2.jpg

現行機種は ICF-B02。B01のマイチェンモデルです。
(アナログテレビ放送停波に ともなう表示変更)
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-B02/index.html

手回し充電、Wライト、携帯充電コード付きの優等生です。
在庫が復活したら 1台 どすか?
個人的な予測ですが
近いうちにスマートフォン充電用のプラグアダプタ付きに
モデルチェンジしそうな気がしますが・・・?


もちろんこういう機種を用意しておくにこした事無いですが
ポケットタイプのラジオも十分有効です。
お勧めは イヤホン巻き取りタイプ☆ 素早くイヤホン試聴が可能で便利!
アナログチューニングなら ICF-R46、
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-R46/

デジタルチューニングなら ICF-R351 あたりが良いと思います。
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-R351/

バリエーションの山ラジオ ICF-R100MTも魅力的です☆(笑)
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-R100MT/

このところ 私もR350を枕元において イヤホン試聴で寝てます(笑)。
(ネコにかじられたイヤホンコードの話(笑)はこちら


ソニーさんも だいぶ被害が出ているのに 復興支援も!
ラジオ 30000台! 
(30000台の機種がB02という噂は本当か?(笑))
みんなで 力を合わせて技術を合わせて希望を持って がんばろーーっ!!

ソニーストア 送料無料
タグ:ラジオ
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャンボトロンラジオ ICR-JT85の「箱」 [ラジオ]

ICR-JT85-2.jpg

ICR-JT85の箱が楽しかったので掲載☆

ICR-JT85-3.jpg

ICR-JT85-4.jpg

ICR-JT85-5.jpg

ICR-JT85-6.jpg

ICR-JT85-7.jpg

ICR-JT85-8.jpg

子供たちにアピールしている感じがいいですね♪
翌1986年2月には このラジオ生産終了を引き継ぐ形で
組み立てキットモデル ICR-JT85Kが発売されています。
これもイメージキャラクターに「鉄腕アトム」をつかった
「自分の手でソニーをつくろう。」と
子供向けアピールがされています。
「ラジオ製作」が子供の趣味になった最後の時期なのかも?(笑)。
今でもそういう趣味の小学生っているのかなぁ。
いて欲しいですけどね(^^)。
タグ:ラジオ
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャンボトロン型ソーラーラジオ ICR-JT85 [ラジオ]

ICR-JT85.jpg

つくば科学万博」記念モデル(的な)
ジャンボトロンラジオ ICR-JT85。

1985年のつくば万博会場に設置された巨大モニター
「ジャンボトロン」の形を1/500にスケールダウンした
AMラジオ
モニター部が太陽電池になっていて充電、
そのバッテリーで鳴らすというエコなラジオ♪
今でこそ こういう製品ってピッタリだと思いますよ(^^)

過去にソニービル型ラジオも出していた事があるので
これだけが「変わりモノ」ではないのですが
なんとも楽しい製品でした♪
中はふつうのAMラジオなので普通に使えます。
実際、昼間充電して 夜ラジオを聴く生活もしてました。
DC入力もあるので問題ないし。(DCでも充電可能)
説明書によると「直射日光6時間充電で約12時間使用可能」。
AMラジオなら十分ですね。

販促品で「BRAVIAラジオ」とか作ってくれないかなぁ。
あ、今なら 販売終了する「有機ELテレビ型ラジオ」かな?(笑)


JumboTRONRADIO AM RECEIVER
AMポータブルラジオ ICR-JT85
6980円 1985.3年発売
タグ:ラジオ
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AM専用ラジオ TR-9650 [ラジオ]

TR9650.jpg

これも古いラジオです。

ラジオに興味を持った頃、カタログにいつも出ていたので
とても身近な感じがしました。
「AMだけ」という所も ラジオ工作をやっていると
「このくらいなら作れそう」という感じの身近さ。

デザインも「ふつうな中に おしゃれでモダン(笑)」なのが好き♪
家庭用ラジオの基本をふまえた 地味だけど可愛いですね☆

この同調を示す「発光ダイオード」と言う部品が
当時はとても「最先端」なデバイスだったので憧れていました。
初めて秋葉原で 発光ダイオードを買った時は
すごくドキドキしたものです。
(一個 300円くらいしたかな?)
今では「LED」と言う名も一般化して
極々当たり前なデバイスですが
1970年代後半ではかなりエリートな感じでしたね(笑)。


AM専用ポータブルラジオ TR-9650
6500円(1970年には発売中)
タグ:ラジオ
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

非常用ラジオ ICF-B7 [ラジオ]

ICF-B7.JPG

友人の作画監督が(笑)、最近免許を取って、車(HONDA FIT)を買って
そこに 緊急脱出用ツールを備え付けたのですが
その「ハンマーカッター&懐中電灯」に「ラジオ」まで付いていたのを聞き
ラジオ好きの私が 車にラジオを積んでいないのはぬかった!と思い
「車にも携帯ラジオ」を乗せる事にしました(笑)。

折角なので(?) ソニーの非常用ラジオの中で持っていなかった
ICF-B7を購入!
スッテプワゴンSPADAのグローブボックスに入れました。

オレンジ色が眩しい本体カラー&保存ケース。
オレンジ色のラジオも私、ツボです(笑)。
見た目だと ICF-9(の前 ICF-8?)の特注版ですね。
1980円が4179円になるのはだいぶスペシャル価格(^^;)。
(ソニースタイル価格)
ケースやホイッスル、リチウム電池周りが本体価格と同じくらい…
ICF-9でもよかったのかも?(笑)

アナログチューニングは電池食わないのでこういう時は良いですね。
リチウム電池で長期保存可能モデルなのですが
はたして車のグローブボックスで過ごせるか、
実験も兼ねて車載します。
まぁ、こういうラジオの出番の無い事を祈りますが(^^;)。


FM/AM ポーダブル 非常用ラジオ ICF-B7 
希望小売価格 4725円
タグ:ラジオ
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハルヒAMラジオ [ラジオ]

haruhiradio.jpg

ソニーネタではないのですが
漫画雑誌にラジオが付録につくなんて
すごい時代になったモンです(笑)。

角川書店 月刊少年エース 2010 1月号の付録
「ハルヒAMラジオ」。

超人気アニメ(原作はラノベ)
「涼宮ハルヒの憂鬱」関連グッズで
デフォルメハルヒの頭部(笑)型のAMラジオが1コおまけ。

内蔵スピーカーは無いですが
ちゃんとステレオイヤホン付き。
単4電池2コ使用。(各自用意!)
付録込みで 680円。全国書店で発売中です。


まぁ 普通のAMラジオです(笑)。
操作はスイッチ付きボリュームとチューニングダイヤル。
感度は悪くはないですが チューニングがワイドバンドなので
細かい選局はちょっと難しい感じ。
強い電波が両隣をかなりマスキングしちゃいます。
なので うち(千葉市郊外)では
「NHK&ニッポン放送専用ラジオ」な感じですね(笑)。
そのかわり(?) この2局は十分使用に耐えます!
パッシブスピーカーをつけただけで
十分部屋聴きとして使用出来ます。

開けてみたら ハッキリ分かったのは
シリコントランジスタが1コくっついてました。
あとはマイクロデバイスで基盤が構成されているので
昔のラジオ少年(老眼進行中(^^;))にはパッと見よくわからん。
1石なのかなぁ?めんどくさかったので回路図は起こしませんでした(笑)。
こんな筐体なので 小さいスピーカーなら内蔵出来そうです。

微妙に左右の位相が変な感じがしますが
ネタとしてはおもしろいので
ラジオコレクターの方は是非!

・・・この雑誌の読者層にAMラジオってどのくらい魅力があるのかなぁ(笑)

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いきなり大音量! [ラジオ]

ICF-S79V-0906.JPG

先日(安く)買った キッチンラジオ ICF-S79V。

とても使いやすく、蛍光灯ノイズも拾いにくいので
(ノイズ音が音声に混ざりにくい音質なのかも)
大変重宝に使っています。

ーと、推薦の記事でも書こうかなと思っていたら
さっきスイッチを入れたら
「ボリューム全開!大音量!」(^^;)

ボリュームツマミが全く効かず
回しても音量調節がきかない状態。
妻の人に「うるさい!」と言われても
こっちだってうるさいわ!(^^;)

電池を入れ直したりしてもダメで 習慣的に
「えい!」と叩いたら
・・・・ 直った☆(苦笑)

ボリュームは電子ボリュームじゃないかも知れないので
そこの接触不良なのかも?
まだ 保証期限内ですけど・・・(笑)。


個人的にはこのラジオ 室内を移動して使うこともあるので
「取っ手」が欲しいな。キッチンラジオとしては不要なモノですが。

タグ:ラジオ 故障
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

変形ラジオ ICF-7800 [ラジオ]

スカイセンサー・シリーズがラジオの中心にいた頃
他にも個性豊かなラジオが多く製品化されていました。

ICF-7800-1.JPG

この ICF−7800もそのひとつ☆

ICF-7800-2.JPG

ご覧のように「折りたたみ式」構造です。
いわば 変形ギミック!(笑)(それほどでもないか(^^;))
これだけのギミックでもそうとうワクワクしたものです。

3バンドで8時間タイマーつき。
旅行ビジネスモデルを狙ったモノだとおもいますが
なんといっても デザインがかっこいい!
スカイセンサー・シリーズに通じるディテールが良いです。

その割りには 両側に開くのにステレオではなかったり
折りたたんでも結構な厚み(およそ7cm)だったりと
値段を考えると なかなか手のでないモデルでした。
この実機は 10年くらい前に友人から譲り受けた物です。
Fさんの お父様はなかなかの「通」ですね!

この頃の「7000番シリーズ」は良い物が多い!
他のラジオの話もいずれまた☆
こういう「個性」ある製品が ファンを育てるのですよね♪


FM/AM/SW ハイ・コンパクトレシーバー
「Newscaster」
ICF-7800
29800円 1976.4には発売
タグ:ラジオ
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AMステレオラジオ SRF-M100 [ラジオ]

SRF-M100.JPG

1992年(だと思うが)、AM放送がステレオになりました。
そのAMステレオ放送対応ラジオとして発売されたのが
この SRF-M100 。

ちょっと興味があったので 発売してすぐに買ったのですが…
結果的には あまり楽しみませんでしたね(苦笑)。

その原因のひとつは このラジオ自体の問題で
内蔵スピーカー自体は モノラル。
よって ヘッドホンか外付けスピーカーにしないと
ステレオで聴けない・・・めんどくさい(笑)。
もうひとつは 放送自体の要素。
AMの音声クオリティがステレオになったところで
それほど魅力を感じなかった。
「聴き込む」クオリティではないですからね。
しかも夜になると混信がバンバン入るので
余計に聞きにくい(^^;)。

AMの魅力はやっぱり 音質より「番組の楽しさ」でしょう!(笑)

ーなので、このラジオ。
わたし的には やや高い買い物になってしまいましたねー。
でも 懲りずに同じような体験を
後の「FM文字放送」で味わうことになります(笑)。


FM(TV1ch~3ch)/AMステレオ PLLシンセサイザーラジオ
SRF-M100  14800円  1992.7発売

タグ:ラジオ
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

個性派自転車ラジオ TR-4600 [ラジオ]

TR-4600.JPG

ソニーラジオに憧れた小学生の頃
とっても気になるモデルがありました。

それが この TR-4600。

そう、自転車に取り付けるラジオです。
実際 コレが自転車に付いているところを
見たところはないのですが(笑)、
小学生にとっては なんかすごくツボをついたラジオでした。
「これが自分の自転車に付いていたら 良いだろうなぁ〜♪」
と、空想していたものでした。

現実的には 小学生には 3400円は出せないし、
ラジオを聴きながら自転車を走らせる状況にも無いのですが
そのシチュエーション自体は ラジオ少年の夢でしたねー。

自作した 2TRレフのラジオを「タッパ」に詰め込んで
自転車のハンドルにくくりつけたりしたもんです(笑)。
気分だけでも楽しみました♪

現物は だいぶ前にオークションで。
デザインは良いですね!同型でグリーンもありました。

この機能だけに限定したデザインなのでピッタリはまっています。
もちろん 室内でも普通に使える
AM専用 6石ラジオです。
あ、自転車につけるには 別売りホルダー(950円)が必要です。
高級品だなぁ(^^;)。

TR-4600 3400円 1974年頃発売かも。


タグ:ラジオ
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。